田中一之刃物製作所


“末代まで残る包丁を”


明治末期、日露戦争の時代に鎌鍛冶として鎌の製造を始めたことに始まる。
鎌メーカーが軒を連ねる一帯で長年鎌を作り続けてきたが、四代目・田中誠貴の代に入り、主力製品が包丁に移行。
福井・越前での修行で培った技術で、国内のみならず海外から引き合いが殺到するほど高い評価を得る。