廣田仲蔵鋸製作所


“こだわらない”こだわり


明治12年(1879)、現社長、廣田一成の曽祖父によって創業。
大工をはじめとした本職用の鋸(のこぎり)を製造・販売を行う。
近年では、多様な配管や機械類の保護カバー、車のエアロなどのFRP(強化プラスチック)
製品の製造・販売も行い、モットーである「小回りの利く会社」を体現。