『妄想をカタチに』

amenoma(アメノマ)とは
金物の町「兵庫県三木市」で生まれた刃物・金物のブランドです。
技術と情熱と誇りを持った、刃物や金物に携わる職人たちが、それらを惜しみなく使い、
様々なアイデアや想像力をカタチにしていく。amenoma ブランドは、
三木の職人たちの挑戦でもあります。

『Vision』

amenoma ブランドの目的は、参加する職人や企業の技術を存分に活かし、
これまでにない新しい価値観や視点、 使い勝手などを持つ、
あらゆる意味で高い品質を持つ製品を創り出し、発信することです。
日本に限らず、世界中の沢山の人が、三木の刃物や金物産業に興味を持ち、
製品を手に取りたいと思う。 面白いと関心を持つ そんなブランドを目標としています。

『Brand name methlogy』

播磨地方に所縁のある、日本書記にも登場する製鉄・鍛冶の神、
天目一箇神(あめのまひとつのかみ)が語源です。
ロゴマークは、目一箇と三木城を築いた別所家の家紋「右三つ巴」、
思考や技術の渦をモチーフとし、鉄に由来する「藍鉄色」
をブランドのイメージカラーとしています。